女性の避妊手術に比べてパイプカットの費用は高い?それとも安い?

女性の避妊手術って?費用はいくら?

パイプカットは費用の面でどうなのでしょうか。女性の避妊手術と比べてみて、その金額が安いのか高いのか考えてみましょう。
女性の避妊手術は細かく分けると4つあります。プラスチック製のリングをかけて塞ぐ方法、クリップで挟んで塞ぐ方法、途中を2か所で縛り、間を切る(卵管部分切除術)、電気メスで電流を流し、卵管を焼いて塞ぐ(電気凝固術)です。例えば部分切除術では子宮から出ている卵管という管を縛ります。膣の方からおなかに入り、膣壁を切っておなかに入るので、頸椎麻酔や全身麻酔が必要となり、手術に時間もかかるため体への負担が大きくなります。気になる値段ですが、数万円〜20万円程度のところが多いようです。健康保険が適用される場合があり、そうなると自己負担金額は開腹手術で13000円〜腹腔鏡手術で56000円〜という計算になります。健康保険が適用されることにより費用的にはパイプカット手術より「安い」場合もあります。

パイプカットの方法は?費用はいくら?

では男性のパイプカット手術はどうなのでしょうか。
パイプカット手術でかかる時間は左右で30分程度です。精管結紮手術といい、陰嚢の両脇に局所麻酔をし。1センチくらい切開すると精管が出てきます。この精管を縛り精子が通れないようにし縫合をします。手術が成功すればほぼ100%の避妊が可能と言われており、世界的にはポピュラーな避妊法といえます。(2000分の1の確率で自然妊娠の可能性があるともされています)
気になる値段ですが、手術の金額は健康保険が適用されず、自費診療になります。そのため病院でさまざまであり、自己負担金額は数万円程度から数十万円まで幅があります。クリニックによってかわりますが、10万円代〜が多いようです。通院や術後の経過観察などの有無もクリニックで違うため、手術を受ける際はクリニックを比較検討する必要があります。
手術方法が女性よりも簡単であるため、女性の避妊手術に健康保険が適用されない場合はパイプカットの方が安い場合が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。パイプカットは費用的にはさまざまですが、女性の同じ方法である避妊手術と比べると安い場合もあります。女性の避妊手術にも4つの種類があり、男性のパイプカットもクリニックによって金額の幅が大きいため、両者を比較して一概に安い高いとはいえません。男性がパイプカットでクリニックを選ぶ場合は、手術環境や先生の技術を口コミなどで調べ、自分に適した診療手術を行っていることに着目した方が良いでしょう。

パイプカット手術の金額は安いからすぐに受けられるのが強み!

パイプカットの手術の金額は安いと評判

パイプカットの手術にかかる金額は、クリニックによって異なりますがこれは、医療行為ではありますが自費診療によるもののためです。しかし、安いのですぐに受けられるという意見が多くみられます。コンドームのほうが安く感じるかもしれないですが、妊娠の可能性があるのが実情です。

パイプカットの手術なら値段は少しかかりますが、その代わり確実な効果があるというのが強みです。又、コンドームやピルに比べると高いと感じるかもしれませんが、避妊効果を考えれば安いといえるのも強みになります。

値段は安いほうが良いというのであれば、医療機関をいくつか比べてみて金額の安いところで受けるのが良いでしょう。金額が安いからといって質が低いということにはなりませんので、できるだけ安いところを探すのも一つの方法です。ただし、術後の対応がしっかりしているところを選ぶとより安心です。術後の違和感などに対応してもらえると、安心です。

金額が安くても安心できるクリニック

パイプカットの手術は、病気の治療と異なりますので料金は自費になります。そのため、値段が数万円単位で異なることがありますのでいくつかのクリニックを比較して、カウンセリングなども無料であれば受けたほうが良いでしょう。

ドクターとの相性もありますし、信頼できる人にやってもらったほうが後々も良いからです。しかし、あまりに金額が高すぎても同じ手術なのに不経済という考えもありますので、クリニックのウェブサイトや口コミなどを参考にするとより自分に合ったところが見つかります。

パイプカットは、望まない妊娠を防ぎながら理想的な性生活を送るのには最適です。自分が子供を欲しくないと思っていても、コンドームやピルでは相手に子供が出来た場合には認知をしなくてはなりませんし、結婚したくなくてもそうならざるを得ないということにもなりかねません。その心配をしなくて済むのがパイプカットで、快適な性生活ができます。

まとめ

パイプカットは、望まない妊娠を防いで快適な性生活を送ることが出来る画期的な手術です。料金もそれほど高くないので、結審さえつけばすぐにでもやりたいという人が多くなっています。ただし、子供を作る能力がなくなるのでその決断は重要です。望まない妊娠は女性にとっても良くありませんし、男性も認知の問題などもあります。又、コンドームやピルにもトラブルはありますのでそれを防ぐなら、パイプカットは最適な避妊法といえるでしょう。

望まぬ妊娠のリスクを避けられるならパイプカットは安い

望まぬ妊娠のリスクを避けられるのがパイプカット

パイプカットは、近年若者にはあまりなじみがないかもしれませんが、以前は良く行われていた男性避妊の方法です。避妊というと、コンドームや低用量ピルのほうがメジャーな現代ですが今後一切子供が欲しくない、という人はパイプカットの手術を受けてしまえば自分の子供が出来ることはありません。

セックスをするということは相手の女性の膣内に精液が残るという可能性はゼロではありませんし、コンドームやピルを飲んでいたとしてもそれは完全にゼロにはならないのが実情です。又、コンドームは破けたり外れるリスクがありますし、ピルは飲み忘れや嘘などのトラブルもあるので望まぬ妊娠を防ぎたいなら、100%の確率で妊娠しないのはパイプカットです。

手術を伴うのでそれなりの金額はかかりますが、望まない妊娠のリスクがないことを考えると値段が高いとばかりは言えません。セックスをしたとしても自分の子供が出来ることが無く、それがコンドームをつけなくても良いとなれば男性にはメリットが大きいです。

パイプカットの値段が安いと考えられる理由

特定の相手としかセックスをしない場合、相手が妊娠できる年齢であればコンドームやピルなどで避妊をするのが、妊娠を望まないカップルの一般的なマナーやルールです。でも、何らかの理由でコンドームをつけたくない場合もありますし、ピルが体に合わないこともあります。

確かに、パイプカットの金額はコンドームやピルに比べると高く見えますがそれで将来的に認知をしなくても良いなら、安いのではないでしょうか。自分が望まないだけで、相手の女性が生みたいといった場合には認知をする必要がありますし養育費も発生します。

その金額は数十万円では足りませんので、その金額を考えたら気持ちよくセックスが出来てコンドームをつけなくても良いのに妊娠もしない、というのは特定のパートナーがいる場合には最高といえます。数十万円かかるパイプカットの費用も、その金額が高いとは思わなくなるのではないでしょうか。セックスの感度も、コンドームをつけるよりも上がります。

まとめ

パイプカットというと、古くからある男性側の避妊というイメージがあるかもしれませんが、自分の子供はいらないと考えている人にはパイプカットは有効です。特定の相手としかセックスしない場合で、子供がいらないなら万が一のことを考えて手術をすれば、相手が生みたいといって認知でもめることもありませんし、生で気持ち良いセックスを楽しむことが出来ます。相手との信頼関係や親密度も増しますし、妊娠の可能性がゼロになります。

パイプカット手術の金額は安いところだと10万円を切ることもある

パイプカットの手術の金額は安いところなら10万円以下

パイプカットは、数十万円かかると思うと及び腰になってしまう、という人も多いのではないでしょうか。確かに、で医療機関によってはそのくらいの金額がかかってしまうところもあります。しかし、探せば10万円以下という金額でやっていることもありますので、安いところを探してみるのがおすすめです。

値段が安いからといって、手術の質が低いということはありませんし、10万円くらいなら払えるという人も多いかもしれません。実際、値段が安ければやってみたいという人は10万円以下で手術をしている医療機関でカウンセリングをするのがお勧めと言えるでしょう。

金額の安さと技術は必ず霜関連性はありませんし、実績が高いところなら安心して手術が受けられます。パイプカットをすることで、望まない妊娠をさせることが無くなるというのはセックスに対する開放感も違いますし、金額が安ければ家計や財布への負担もないのでお勧めの方法です。

パイプカットのカウンセリングを受けるのがおすすめ

パイプカットが不安な方は、まずはカウンセリングで話を聞いてみるのが良いでしょう。そこで真摯に対応してもらえれば安心ですし、何かあった時のトラブルの対応がどうなっているのかもチェックも重要です。

パイプカットをすると、コンドームをつける手間もなくなりますしパートナーにピルを飲んでもらったり避妊具をつけてもらう必要もありません。いずれも何かしらの手間や負担がかかることではありますが、パイプカットは完全に避妊をすることが出来るので望まない妊娠が防げます。

避妊をせずにセックスをして、望まない妊娠を相手がした場合に自分は結婚する気がなくても、相手は産みたいということは結構あります。そうなると認知をしたり養育費の問題にもなってきますので、子供は絶対にいらないというのであればパイプカットは有効な方法です。安い病院でも高い技術力があるところもありますので、まずはカウンセリングがおすすめです。

まとめ

パイプカットをしたいけど、値段が高いのであきらめているという人も少なくないのではないでしょうか。でも、最近は10万円以下で手術が出来るクリニックも増えていますので検討してみる価値はあります。値段であきらめていた人も、10万円程度ならコンドームを買い続けたり妊娠のリスクにおびえることに比べれば高くはないといえます。パイプカットは、望まない妊娠を避けることが出来る安全な手術ですし避妊具をしなくて済む点もメリットです。